1887
Volume 15, Issue 1
  • ISSN 0817-9514
  • E-ISSN: 2542-5102
USD
Buy:$35.00 + Taxes

Abstract

今回の号では、オーストラリアにおける大学レベルの日本語教 育に関する研究を特集する。本稿では、まず、日本語教育の歴 史的背景と日本語応用言語学研究の現状について概観し、次 に、本特集で取り上げた各論文を紹介する。

オーストラリアの大学における日本語教育は、1960年代に いくつかの大学を中心に始ま旬、1970年代後半までには約半数 の大学で日本語のコースが設けられた。1980年代後半には、日 本語コースを新たに開講する大学の数の増加に伴って、学宵者 の数も著しい伸びを見せ、日本語は外国語の中で最も多く教え られ、また学ばれる言語となった。このような日本語教育の発 展には、日豪間の経済関係が大きな要因として挙げられる。そ の後1990年代に入η、日本経済の停滞に直面して、--> n幸 の''Tsunarni'' と呼ばれたような日本語ブームは下火になっ た。しかし、現在もなお、38大学のほとんどで日本語のコース が開講されるなど、日本語が引き続き、オーストラリアにおい て、主要な外国語の一つであることに変わりはないと言えよ つ。

そんな中、1994年に豪州政府審議会よ旬、1996年から全豪 の小学校にアジア四言語(中国語・日本語・インドネシア語・ 韓国語)の教育を導入することが勧告され、連邦政府と各州教 育省はこれを受けて、2006年までに、3年生から10年生までの 全ての生徒の60%と、12年生の15%がアジア四言語のどれかを 学習するという言語政策をうち立てた。このような初等・中等 教育に対する政府の言語教育計画は、今後、大学における日本 語教育をさらに拡大・発展させることにつながるであろうO

日本語教授法も、従来のオーテ守イオリンガルから、コミュ ニカティブ・アブローチ、シチュヱーショナル・ファンケショ ナル・アブローチなどを基本にした教授法や、インターアクシ ョンを重視したシラパスが導入されるなど、コミュニケーショ ン能力の養成が主眼におかれるようになってきた。また、ここ 数年、コンビュータやサテライトを駆使したプログラムを開発 し授業に活かしている大学も増え続け、二十一世紀へ向けて、 日本語教育におけるマルチメディアの利用も、着実に進歩を遂 げつつある。

現在、オーストラリアにおける大多数の大学で日本語応用 言語学の研究がなされており、日本語教育関係者は日々研績を 積んでいる。その研究内容も様々な分野に及び、JSMやALAA などの大会が、それらの研究の発表の場となっている。教材や 教授法を開発するためにも、そして、より効果的な授業をする ためにも、研究は欠かせないものであり、また、研究の成果を 実際の教育の場に反映させることは、今後ますます重要になっ てくるであろう。

今回の特集には、言語使用・言語習得・学習ストラテジー・ 教育環境・「文化」の捉え方・教師の言語的知覚など、実に多 岐にわたる論文が寄せられた。いずれも、日本語教育関係者が 忙しい授業の合間をぬってまとめたものであ旬、これら日頃の 研究の成果が、オーストラリアでの日本語応用言語学の発展に 貢献することを願ってやまない。

Loading

Article metrics loading...

/content/journals/10.1075/aralss.15.01bra
1998-01-01
2019-10-22
Loading full text...

Full text loading...

References

http://instance.metastore.ingenta.com/content/journals/10.1075/aralss.15.01bra
Loading
  • Article Type: Research Article
This is a required field
Please enter a valid email address
Approval was successful
Invalid data
An Error Occurred
Approval was partially successful, following selected items could not be processed due to error